車売るランキング.com

車売るランキング.com

車売るランキング.com

下取りの場合は、新しい車を買うことが前提になりますので、新しい車の値引きと下取り車の価格と全部織り込んでの見積もりとなりますので、実際の下取り価格というのはわかりづらくなってしまいますよね。

 

よくある例になります。新しい車の値引きが、本当は30万円できるとします。

 

ただ、会社の取り決めで、書類上は10万円の値引きしかできないことになっている場合、差額の20万円は下取り車に上乗せする形で、バランスを取るということです。

 

本当は80万円しかない下取り車の価格が、見積もりでは100万円になることになります。

 

値引きが渋い傾向になる車の場合は、下取り車があるほうが、実質値引きが多く引き出せる可能性が高いと思います。

 

ただ、下取り車のそもそもの査定額が低すぎる場合は、得もなにもないですけどね。下取りする場合は、そのあたりの見極めが重要になりますね。

 

買い取りの場合は、基本的にオークションベースでの査定になりますが、自社で販売網を持っている会社と、そうでない会社で、査定額に開きが出てきます。

 

やはり販売網を持っている会社だと、自社で捌けると判断した車には高値を付ける傾向にありますので、人気車種や珍車種などは、下取りに出すよりも大幅な高値を付ける場合が多いと思われます。

 

車種やタイミングによって、査定額は上下するので、比較は難しいところではありますが、人気車種は買い取り、そうでない車種は値引きと絡めて下取りというのがセオリーなのかなと思います。

友達に車を売る

友達に車を売るにあたってのメリットは、なんと言っても価格でしょう。

 

たとえば、買い取り店が100万円で買い取りますと言ったとしましょう。それをオークションに出すなり、店舗で売るなりする場合、買い取った価格にいくらか上乗せしますよね。

 

わかりやすいように、120万円で店舗で販売するとしましょう。もし、友達に売るとしたら、間を取って110万円というのが一般的な形ではないでしょうか。

 

売る側にしてみれば、買い取り店に売れば100万円にしかならないところ、110万円になります。買う側にしてみれば、店で買えば120万円なのに、110万円で買えるとなる訳です。

 

そこにメリットがあります。ただ、メリットはそこだけで、あとはデメリットしかないのが友人同士の売買と思います。

 

それは何故か。工業製品は壊れますからね。

 

車屋で買えば、それなりに整備もして、保証も付いての販売になるのが普通かと思われますが、個人同士だと、それがないままの現状販売ということになりますからね。

 

すぐに壊れたなんてことになった場合、修理代をどっちが払うのかで揉め事になってしまいそうです。

 

お金の受け渡しも、現金で全部一度にもらえるかどうか。そういう問題も出てきそうな気もします。

 

友達だからすこしぐらい遅れてもいいかなんてことにならなければいいですが。

 

多少の損得くらいで友情にヒビが入るくらいなら、やはりプロである車屋を通して、ちゃんとした形で譲ったほうが良いとは思います。